日々の御言葉*1月14日

日々の御言葉 1/14
○今日のタイトル:知恵に満ちた賢明な心
○通読箇所:列王記上3−4章

◇今日の聖句*****
その夜、主はギブオンでソロモンの夢枕に立ち、「何事でも願うがよい。あなたに与えよう」と言われた。ソロモンは答えた。「…わが神、主よ、あなたは父ダビデに代わる王として、この僕をお立てになりました。しかし、わたしは取るに足らない若者で、どのようにふるまうべきかを知りません。…どうか、あなたの民を正しく裁き、善と悪を判断することができるように、この僕に聞き分ける心をお与えください。…」主はソロモンのこの願いをお喜びになった。神はこう言われた。「あなたは自分のために長寿を求めず、富を求めず、また敵の命も求めることなく、訴えを正しく聞き分ける知恵を求めた。見よ、わたしはあなたの言葉に従って、今あなたに知恵に満ちた賢明な心を与える。あなたの先にも後にもあなたに並ぶ者はいない。わたしはまた、あなたの求めなかったもの、富と栄光も与える。…」

◇ひとくち解説*****
列王記を読み始めています。ダビデの死後王となったソロモンに、主は「何事でも願うがよい」と尋ねられます。ソロモンは知恵を求めました。主はこの願いを喜ばれました。何を求めたからというよりも、ソロモンの謙遜を喜ばれたように思われます。ソロモンは言います。「わたしは取るに足らない若者で、どのようにふるまうべきかを知りません」と。
わたしたちも主を愛し、主の前に自分を低くしましょう。主はわたしたちの求めをはるかに超えて実現して下さるでしょう。イエスは、ご自分を「ソロモンにまさるもの」(マタイ12:42)と宣言されました。そして、「このキリストは、わたしたちにとって神の知恵」(1コリント1:30)となってくださったのです。キリストをすべてとするとき、主はソロモンに勝る知恵をもって、わたしたちを導いて下さるのです!

◇クイズ*****
ソロモンという名(ヘブライ語でシュロモ)の意味は?
1.権威 2.知恵 3.平和 4.正義

聖書リンク