日々の御言葉*1月9日

日々の御言葉 1/9
○今日のタイトル:アブサロムの死
○通読箇所:サムエル下17-18章

◇今日の聖句*****
兵士たちはイスラエル軍と戦うために野に出て行った。戦いはエフライムの森で起こり、イスラエル軍はそこでダビデの家臣に敗れた。大敗北で、その日、二万人を失った。戦いはその地の全面に広がり、その日密林の餌食になった者は剣が餌食にした者よりも多かった。アブサロムがダビデの家臣に出会ったとき、彼はらばに乗っていたが、らばが樫の大木のからまりあった枝の下を通ったので、頭がその木にひっかかり、彼は天と地の間に宙づりになった。乗っていたらばはそのまま走り過ぎてしまった。…アブサロムは樫の木にひっかかったまま、まだ生きていた。ヨアブは棒を三本手に取り、アブサロムの心臓に突き刺した。ヨアブの武器を持つ従卒十人が取り囲んでアブサロムを打ち、とどめを刺した。

◇ひとくち解説*****
ついに戦いが始まり、イスラエル全軍を率いたアブサロムが、ダビデとその家臣たちに襲いかかります。しかし、アブサロム軍は「密林の餌食」になりました。エフライムの森が、彼らの行く手を阻み、まどわせたのです。アブサロム自身もその美しく豊かだった髪の毛が仇となり、木に引っ掛かって宙づりとなってしまいました。司令官ヨアブはダビデの命に背き、アブサロムを惨殺しました。アブサロムには多くの長所がありました。美しい容姿や、人の心を捕える術をもっていました。しかし「アムノンへの復讐」以来彼の心は憎しみに支配され、その結果長所さえ命取りとなり、ついに油注がれた者への反逆につながったのです。彼が真実の赦しと和解を体験していればこのような悲惨な最期を避けられたかもしれません。
心の中を点検しましょう。憎しみをもったまま、過ごすことがありませんように。

◇クイズ*****
アブサロムにダビデ急襲の策を提案したのに、受け入れられなかったのは誰ですか?
1.フシャイ 2.アヒトフェル 3.アヒマアツ 4.アビシャイ

聖書リンク

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中