日々の御言葉*1月8日

日々の御言葉 1/8
○今日のタイトル:アブサロムの反逆
○通読箇所:サムエル下15-16章

◇今日の聖句*****
その地全体が大声をあげて泣く中を、兵士全員が通って行った。王はキドロンの谷を渡り、兵士も全員荒れ野に向かう道を進んだ。ツァドクをはじめレビ人全員が神の契約の箱を担いで来ており、兵士全員が都を去るまで神の箱を降ろしていた。アビアタルも来ていた。王はツァドクに言った。「神の箱は都に戻しなさい。わたしが主の御心に適うのであれば、主はわたしを連れ戻し、神の箱とその住む所とを見せてくださるだろう。主がわたしを愛さないと言われるときは、どうかその良いと思われることをわたしに対してなさるように。」…ダビデは頭を覆い、はだしでオリーブ山の坂道を泣きながら上って行った。同行した兵士たちも皆、それぞれ頭を覆い、泣きながら上って行った。

◇ひとくち解説*****
度重なる王家の不祥事の中で、民の心はダビデ王から離れていきます。アブサロムはそれを巧みに利用し反旗を翻しました。ダビデは泣きながらエルサレムを後にします。しかし、荒野で、ダビデの緩んでいた信仰は目覚めたのです。かつてサウルに追われていたときのように、ダビデは自分を低いものとし、主を仰ぎ見、頼みとしました。
詩篇3編はこの頃ダビデが歌ったものです。「主よ、それでも」と奮い立ち、「主が支えていてくださいます」と信頼しています。人生の荒野は、人を主に向かわせます。荒野にこそ再生と復活の希望があるのです。涙の種蒔きは、刈り入れの喜びの歌の前奏なのです。今日、わたしたちもダビデと共に祈りましょう。「主よ、立ち上がってください。…救いは主のもとにあります。」(詩編3:8,9)

◇クイズ*****
ダビデの道中、ダビデを呪い続け石を投げつけた人は誰?
1.フシャイ 2.シムイ 3.ツェルヤ 4.ツィパ

聖書リンク

広告