日々の御言葉*1月1日

日々の御言葉 1/1
○今日のタイトル:サウルの死
○通読箇所:サムエル下1-2章

◇今日の聖句*****
ダビデはサウルとその子ヨナタンを悼む歌を詠み、 「弓」と題して、ユダの人々に教えるように命じた。…イスラエルよ、「麗しき者」は、お前の高い丘の上で刺し殺された。ああ、勇士らは倒れた。…サウルとヨナタン、愛され喜ばれた二人、鷲よりも速く、獅子よりも雄々しかった。命ある時も死に臨んでも、二人が離れることはなかった。泣け、イスラエルの娘らよ、サウルのために。あなたを思ってわたしは悲しむ、兄弟ヨナタンよ、まことの喜び、女の愛にまさる驚くべきあなたの愛を。ああ、勇士らは倒れた。戦いの器は失われた。

◇ひとくち解説*****
 今日からサムエル記下を読んでいきます。サウル王から命を狙われたことは、ダビデにとって青年時代最大の試練でした。それは巨人ゴリアトとの対決よりも熾烈でした。主に油注がれた王に弓を引くことは決してできなかったからです。しかし、そのサウル王の存在こそが、ダビデの信仰を磨き上げたのです。サウル王の追跡がなければ、「わたしはしののめを呼び覚まします」(詩編57:8)という希望の歌はうまれなかったのです。
 サウル王と盟友ヨナタンの死を知ったとき、ダビデは心から彼らを悼み、追悼歌を作って、人々に教えました。ダビデにとっては、サウル王が与えた苦しみも、ヨナタンが与えた慰めも、神からのものであり、等しく尊いものであったのです。わたしたちも今年一年、神様が与えて下さる苦労も喜びも、感謝して受け取ることができますように。

◇クイズ*****
ダビデがサウルとヨナタンのために歌った追悼歌の題は?
1.盾 2.杖 3.弓 4.しののめ

聖書リンク

広告