日々の御言葉*12月1日

日々の御言葉 12/1
○今日のタイトル:お言葉通り
○通読箇所:ルカ1章

◇今日の聖句*****
天使は、彼女のところに来て言った。「おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。」マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。すると、天使は言った。「マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。…」マリアは天使に言った。「どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。」天使は答えた。「聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。…神にできないことは何一つない。」マリアは言った。「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。」そこで、天使は去って行った。

◇ひとくち解説*****
今日からルカによる福音書を読み進めます。異邦人であり文化人であった著者ルカは、パウロの宣教に同行し、福音が全世界へと広がっていくさまを目の当たりにしていました。その福音の起源であり、中心であるキリストの姿を、ルカはみずみずしく描写しています。第一章にはマリアへの受胎告知が記されています。神が人となるという驚天動地の奇跡にはマリアの協力が不可欠でした。すでに婚約していたマリアはリスクを承知の上で、信仰をもって神の御言葉を受諾したのでした。最初の女性エバは、不従順によって人類に罪をもたらしましたが、マリアは完全な従順によって人類に救い主をもたらしたのです。「主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。」

◇クイズ*****
ザカリアがガブリエルからお告げを受けたのは、何という町ででしたか?
1.ナザレ 2.ベツレヘム 3.エルサレム 4.エインカレム

聖書リンク

広告