日々の御言葉*11月30日

日々の御言葉 11/30
○今日のタイトル:わたしの心であるオネシモ
○通読箇所:フィレモンへの手紙

◇今日の聖句*****
愛に訴えてお願いします、年老いて、今はまた、キリスト・イエスの囚人となっている、このパウロが。監禁中にもうけたわたしの子オネシモのことで、頼みがあるのです。彼は、以前はあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにもわたしにも役立つ者となっています。わたしの心であるオネシモを、あなたのもとに送り帰します。…わたしを仲間と見なしてくれるのでしたら、オネシモをわたしと思って迎え入れてください。彼があなたに何か損害を与えたり、負債を負ったりしていたら、それはわたしの借りにしておいてください。

◇ひとくち解説*****
パウロの手紙の中で最も短い「フィレモンへの手紙」ですが、宝石のように輝く書です。フィレモンはパウロの宣教によって救われた人であり、全家族信徒となり、その家をコロサイの教会として開放していました。その信徒に、老使徒パウロが頭を下げ、願いを述べるのです。その願いとは、フィレモンの家から逃亡したオネシモを、再び主にある兄弟として受け入れてくれるようにというものでした。宣教において華々しく活躍していたパウロが、たった一人の逃亡奴隷を、「わたしの子」「わたしの心」と呼び、彼の与えた損害を自分が支払うので、彼を「わたしと思って」迎え入れてほしいと懇願するのです。「ひとりの人間の生命は、地球よりも重い」と言われますが、パウロの内には、一人も滅びることを望まれない神の愛が燃えていたのです。神は愛なり

◇クイズ*****
この書の結びに名が挙げられている人物のうち、コロサイの伝道で活躍し、コロサイ書1章で「キリストに忠実に仕える者」と呼ばれているのは? 1.アリスタルコ 2.エパフラス 3.デマス 4.マルコ

聖書リンク

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中