日々の御言葉*11月8日

日々の御言葉 11/8
○今日のタイトル:ダビデとヨナタン
○通読箇所:サムエル上19-20章

◇今日の聖句*****
「来なさい、野に出よう」とヨナタンは言った。二人は野に出た。ヨナタンはダビデに言った。「イスラエルの神、主にかけて誓って言う。…父が、あなたに危害を加えようと思っているのに、もしわたしがそれを知らせず、あなたを無事に送り出さないなら、主がこのヨナタンを幾重にも罰してくださるように。主が父と共におられたように、あなたと共におられるように。そのときわたしにまだ命があっても、死んでいても、あなたは主に誓ったようにわたしに慈しみを示し、また、主がダビデの敵をことごとく地の面から断たれるときにも、あなたの慈しみをわたしの家からとこしえに断たないでほしい。」ヨナタンはダビデの家と契約を結び、こう言った。「主がダビデの敵に報復してくださるように。」ヨナタンは、ダビデを自分自身のように愛していた

◇ひとくち解説*****
サウル王はダビデの名声をねたみ、その命を奪おうとします。一方、サウルの子ヨナタンはダビデと友情によって固く結ばれていました。旧約聖書に「友情」を表す言葉はなく、「契約」という言葉で表されています。この言葉は神と人との関係にも用いられるほど、重いものです。その契約の基盤にあったもの、それは愛でした。ヨナタンは、ダビデをかばったために父から槍を投げつけられることになります。ヨナタンは命をかけて「愛の契約」を貫いたのです。
キリストはわたしたちを友と呼んで下さいました。ちょっと仲良しというだけの友ではありません。「愛の契約」による決して分かたれない関係です。そして実際、その友情の契約に命をかけてくださったのです。「友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。」(ヨハネ15:13)

◇クイズ*****
3節でダビデはヨナタンに「主は生きておられ、あなた御自身も生きておられます」と言いますが、全く同じ言葉を列王記下2章で言ったのは誰? 1.エリヤ 2.エリシャ 3.ソロモン 4.ヨシャファト

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/1819/1SA.19.新共同訳

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中