日々の御言葉*10月16日

日々の御言葉 10/16
○今日のタイトル:食卓の下の小犬も
○通読箇所:マルコ7章

◇今日の聖句*****
汚れた霊に取りつかれた幼い娘を持つ女が、すぐにイエスのことを聞きつけ、来てその足もとにひれ伏した。女はギリシア人でシリア・フェニキアの生まれであったが、娘から悪霊を追い出してくださいと頼んだ。イエスは言われた。「まず、子供たちに十分食べさせなければならない。子供たちのパンを取って、小犬にやってはいけない。」ところが、女は答えて言った。「主よ、しかし、食卓の下の小犬も、子供のパン屑はいただきます。」そこで、イエスは言われた。「それほど言うなら、よろしい。家に帰りなさい。悪霊はあなたの娘からもう出てしまった。」女が家に帰ってみると、その子は床の上に寝ており、悪霊は出てしまっていた。

◇ひとくち解説*****
ティルスの地方(レバノン南部)でのできごとです。一人の異邦人の母親がイエスのもとに来ました。悪霊にとりつかれた幼い娘を癒やしていただくためでした。必死の懇願にもかかわらず、イエスの態度は一見冷たいものでした。「子供たち(選民イスラエル)のパンを取って、小犬(異邦人)にやってはいけない」と。神のご計画にあっては、異邦人に豊かな恵みが及ぶのは、イエスが一粒の麦となって十字架に死んだ後なのです(ヨハネ12:24,32)。十字架による和解がなければ異邦人は神に近づくことはできませんでした。(エフェソ2章)「言は、自分の民のところへ来た」(ヨハネ1:11)のです。しかし、女の信仰と謙遜な態度は「幸いな例外」を生み出しました。彼女は神の救いのご計画を理解しつつ、イエスを「主」と告白し、自分を子犬と認めました。わたしたちも、あきらめない信仰と謙遜とをもって主イエスに近づきましょう!

◇クイズ*****
前の章(6章)でイエスを受け入れず、信じなかった町はどこでしたか?
1.シドン 2.コラジン 3.ナザレ 4.ベツサイダ

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/MRK.7.JA1955(口語訳)

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中