日々の御言葉*10月12日

日々の御言葉 10/12
○今日のタイトル:ルツの決意
○通読箇所:ルツ記1-2章

◇今日の聖句*****
ナオミは言った。「あのとおり、あなたの相嫁は自分の民、自分の神のもとへ帰って行こうとしている。あなたも後を追って行きなさい。」ルツは言った。「あなたを見捨て、あなたに背を向けて帰れなどと、そんなひどいことを強いないでください。わたしは、あなたの行かれる所に行き、お泊まりになる所に泊まります。あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神。あなたの亡くなる所でわたしも死に、そこに葬られたいのです。」…二人は旅を続け、ついにベツレヘムに着いた。… ルツは出かけて行き、刈り入れをする農夫たちの後について畑で落ち穂を拾ったが、そこはたまたまエリメレクの一族のボアズが所有する畑地であった。

◇ひとくち解説*****
今日と明日でルツ記を読みます。士師の時代、飢饉を逃れてナオミの一家は異邦の地モアブへ移住しました。その地で夫と二人の息子は相次いで死に、残されたのは2人の嫁だけになりました。そのうちのルツは再三のナオミの勧めにもかかわらず、ナオミのもとを離れませんでした。彼女はモアブ人(異邦人)でありながら、ナオミの信じる真の神を信じ、ナオミと運命を共にすることを決意したのです。「あなたの民はわたしの民、あなたの神はわたしの神」と。ナオミの帰国の旅の先には何が待っているか分かりませんでした。貧困、迫害、中傷、孤独…それらを承知の上で、ルツはナオミとその神に従ったのです。
ベツレヘムに着き、ルツが落穂を拾い始めたのがボアズの畑でした。「たまたま」と聖書はいっていますが、そこに神の深いご計画がありました。わたしたちも、神を愛し、神が愛しておられるイスラエルの民を愛する者でありたいものです。

◇クイズ*****
ナオミのもう一人の嫁は何という名前でしたか?
1.マフロン 2.オルパ 3.マラ 4.エリメレク

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/RUT.1.JA1955(口語訳)

広告