日々の御言葉*9月29日

日々の御言葉 9/29
○今日のタイトル:触れたのはだれか
○通読箇所:マルコ5章

◇今日の聖句*****
さて、ここに十二年間も出血の止まらない女がいた。多くの医者にかかって、ひどく苦しめられ、全財産を使い果たしても何の役にも立たず、ますます悪くなるだけであった。イエスのことを聞いて、群衆の中に紛れ込み、後ろからイエスの服に触れた。 「この方の服にでも触れればいやしていただける」と思ったからである。すると、すぐ出血が全く止まって病気がいやされたことを体に感じた。イエスは、…群衆の中で振り返り、「わたしの服に触れたのはだれか」と言われた。…イエスは、触れた者を見つけようと、辺りを見回しておられた。女は自分の身に起こったことを知って恐ろしくなり、震えながら進み出てひれ伏し、すべてをありのまま話した。イエスは言われた。「娘よ、あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。…」

◇ひとくち解説*****
律法によって「汚れている」とされた病にかかっていたこの女は、触れることも、触れていただくこともできませんでした。そこで、「この方の服にでも触れればいやしていただける」と衣の房に触れたのです。同時に信仰の手を伸ばしイエスの神としての本質に触れました。そのとき病は癒やされたのです。イエスは「わたしの服に触れたのはだれか」と問われます。全知の主がご存じないわけがありません。主はこの女性の、病も、困窮も、ためらいも、信仰も、決断も、癒やしも、全てをご存知でした。しかしあえて「だれか」と尋ねるのは、この女性が、受けた恵みを隠して、自分だけのものにするのではなく、群衆の中で証し、人々の信仰を喚起するためでした。実際この女の姿は、瀕死の娘をもつヤイロにとってどれほど大きな励ましになったことでしょう!私たちも、受けた恵みを証する者になりたいものです。

◇クイズ*****
この後ヤイロの娘が復活したとき、その部屋にいたのは、イエスを含めて何人でしたか?
1.2人 2.5人 3.7人 4.14人

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/MRK.5.JA1955(口語訳)