日々の御言葉*9月13日

日々の御言葉 9/13
○今日のタイトル:開拓するがよい
○通読箇所:ヨシュア記17-18章

◇今日の聖句*****
ヨセフの子らがヨシュアに、「あなたはなぜ、ただ一つのくじによる嗣業の土地、一つの割り当てしかくださらないのですか。わたしの民は、主に祝福されて、これほど数多くなりました」と言うと、ヨシュアは答えた。「あなたの民の数が多くて、エフライムの山地が手狭なら、森林地帯に入って行き、ペリジ人やレファイム人の地域を開拓するがよい。」ヨセフの子らが、「山地だけでは足りません。しかし平地に住むカナン人は、ベト・シェアンとその周辺村落の住民もイズレエル平野の住民も皆、鉄の戦車を持っています」と言うと、ヨシュアはヨセフの家、すなわちエフライムとマナセに答えた。「…山地は森林だが、開拓してことごとく自分のものにするがよい。カナン人は鉄の戦車を持っていて、強いかもしれないが、きっと追い出すことができよう。」

◇ひとくち解説*****
ヨセフの子孫であるエフライム族とマナセ族は中央の最も肥沃で広い土地を与えられました。しかし、彼らは感謝の代わりに不平不満をこぼしたのです。森林地帯は開拓が難しく、平地には強すぎる敵がいる…だから手狭だと。彼らは与えられるのを待っているだけで、信仰を働かせて開拓し、戦っていくことをしなかったのです。
不平不満を言うのをやめて、信仰をもって行動しましょう!そのとき主も共に働いてくださいます。もともとエフライムという名前は、「神が私の苦しみの地で私を実り多い者とされた」(創世記41:52新改訳)という意味でした。苦しみの開拓地の向こうに、豊かな実りがあるのです。「恵みの業をもたらす種を蒔け、愛の実りを刈り入れよ。新しい土地を耕せ。主を求める時が来た。」(ホセ10:12)

◇クイズ*****
「マナセ」という名の意味は?
1.記憶する 2.忘れさせる 3.加える 4.右の手の子

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/JOS.17.JA1955(口語訳)

広告