日々の御言葉*8月3日

日々の御言葉 8/3
○今日のタイトル:主の御名を唱える
○通読箇所:詩編23−24編

◇今日の聖句*****
主は羊飼い、わたしには何も欠けることがない。主はわたしを青草の原に休ませ、憩いの水のほとりに伴い、魂を生き返らせてくださる。主は御名にふさわしく、わたしを正しい道に導かれる。死の陰の谷を行くときも、わたしは災いを恐れない。あなたがわたしと共にいてくださる。あなたの鞭、あなたの杖、それがわたしを力づける。わたしを苦しめる者を前にしても、あなたはわたしに食卓を整えてくださる。わたしの頭に香油を注ぎ、わたしの杯を溢れさせてくださる。命のある限り、恵みと慈しみはいつもわたしを追う。主の家にわたしは帰り、生涯、そこにとどまるであろう。

◇ひとくち解説*****
ダビデは、イスラエルの繁栄を築いた王でしたが、自分を鷲や獅子ではなく、羊にたとえました。羊は羊飼いなしには生きていくことができない弱い、迷いやすい生き物です。しかし、羊飼いと共にいる限り、死の陰の谷を歩むときも、恐れることはないのです。「主は」と始まりますが、後半は「あなたが」に変わっていきます。ダビデがどれほど主と親密であったかを知ることができます。
キリストは言われました。「わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。」「羊飼いは自分の羊の名を呼んで連れ出す。」(ヨハネ10章より)今日一日、私たち一人一人の名を呼んで下さるキリストと共に歩みましょう。

◇クイズ*****
24編の後半は、栄光に輝く王、主の帰還が歌われ「城門よ、○○を上げよ」と呼びかけています。○○に入るのは?
1.手 2.頭 3.目 4.腰

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/PSA.23.ja1955(口語訳)

広告