日々の御言葉*7月11日

日々の御言葉 7/11
○今日のタイトル:御心に留めてくださる
○通読箇所:詩編5-6編

◇今日の聖句*****
あなたの天を、あなたの指の業を、わたしは仰ぎます。月も、星も、あなたが配置なさったもの。そのあなたが御心に留めてくださるとは、人間は何ものなのでしょう。人の子は何ものなのでしょう、あなたが顧みてくださるとは。神に僅かに劣るものとして人を造り、なお、栄光と威光を冠としていただかせ、御手によって造られたものをすべて治めるように、その足もとに置かれました。

◇ひとくち解説*****
●「人間は何ものなのでしょう。」…ここではエノシュという語が人間という意味で使われています。「人間」の詩的な表現ですが、そのもともとの意味は<もろい、はかない>です。わたしたちは被造物に過ぎず、弱い存在です。しかし、主は一人ひとりを「御心に留め」「顧みて」くださるのです。
●ところで、ヘブライ人への手紙2章では、詩編8章後半の<人>がキリストを指し示す聖句として引用されています。「神に僅かに劣るもの」とは、キリストは本質的に神に等しいお方であるが、一時的にはかない肉体をとられたことによって、「限定された者」となってくださったことを現わしています。わたしたちと同じ立場で試練を受け、その一つ一つに打ち勝って下さったことにより、「栄光と威光を冠とし」、主としてわたしたちを救うことがおできになるのです。さらに「キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの卑しい体を、御自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。」(フィリピ3:21)

◇クイズ*****
詩篇7編ではダビデは、迫り来る敵を何の動物に例えていますか?
1.獅子 2.狼 3.鷲 4.蛇

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/PSA.7.ja1955(口語訳)

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中