日々の御言葉*7月7日

日々の御言葉 7/7
○今日のタイトル:モーセの死
○通読箇所:申命記33-34章

◇今日の聖句*****
主の僕モーセは、主の命令によってモアブの地で死んだ。主は、モーセをベト・ペオルの近くのモアブの地にある谷に葬られたが、今日に至るまで、だれも彼が葬られた場所を知らない。モーセは死んだとき百二十歳であったが、目はかすまず、活力もうせてはいなかった。……ヌンの子ヨシュアは知恵の霊に満ちていた。モーセが彼の上に手を置いたからである。イスラエルの人々は彼に聞き従い、主がモーセに命じられたとおり行った。イスラエルには、再びモーセのような預言者は現れなかった。主が顔と顔を合わせて彼を選び出されたのは、……モーセが全イスラエルの目の前で、あらゆる力ある業とあらゆる大いなる恐るべき出来事を示すためであった。

◇ひとくち解説*****
33章でイスラエル12部族の名を挙げて祝福したモーセは、34章でついに死を迎えます。イスラエルをエジプトから救い出し、40年の荒野の旅を導くという大事業を成し遂げたのです。「主の僕」モーセという言葉が、その生涯をよく表わしています。モーセが神に用いられたのは、彼が「顔と顔を合わせて」主の言葉に耳を傾け、御言葉に聞き従う謙遜な僕であったからです。これほど偉大な人物なのに、葬られた場所がわからないこともまた、モーセの謙遜を表わしているかのようです。わたしたちも、生涯の終わりに、地上でのなすべきことを果たし終えて、「主の僕」と呼ばれて、天に召されたいものです。

◇クイズ*****
33章には聖書に4度しか出てこないイスラエルの別称が出てきます。「正しい者、愛おしい者」を意味するその称号とは?
1.エフライム 2.エシュコル 3.エシュルン 4.エドム

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/DEU.33.ja1955(口語訳)

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中