日々の御言葉*6月9日

日々の御言葉 6/9
○今日のタイトル:神の宝の民
○通読箇所:申命記7-8章

◇今日の聖句*****
あなたは、あなたの神、主の聖なる民である。あなたの神、主は地の面にいるすべての民の中からあなたを選び、御自分の宝の民とされた。主が心引かれてあなたたちを選ばれたのは、あなたたちが他のどの民よりも数が多かったからではない。あなたたちは他のどの民よりも貧弱であった。ただ、あなたに対する主の愛のゆえに、あなたたちの先祖に誓われた誓いを守られたゆえに、主は力ある御手をもってあなたたちを導き出し、エジプトの王、ファラオが支配する奴隷の家から救い出されたのである。あなたは知らねばならない。あなたの神、主が神であり、信頼すべき神であることを。

◇ひとくち解説*****
モーセはイスラエルに「主の聖なる民」と呼びかけます。主はイスラエルを「御自分の宝の民」として選ばれました。それは、一方的な愛と憐れみによるものでした。その選びはやがて彼らが「祭司の民」となり、神を愛することにおいて全世界の模範となるという目的のためでした。イスラエルは掟を守るという「行い」によってそれを得られると考え、メシアによる救いを拒絶し、救いは先に異邦人に及びました。けれども、先にわたしたちが救われたのは、彼らを奮起させるためであり、「こうして全イスラエルが救われ」(ローマ11:26)るのです。わたしたちがイスラエルを愛するのは、彼らに愛すべき何かがあるというよりも、主が愛されるものを愛したいという純粋な動機と、主が彼らにもっておられる計画への信仰によるのです。

◇クイズ*****
申命記32:10ではイスラエルの民は、神の体の一部のように、主にいたわり守られたと例えられています。その体の部分とは?
1.腕 2.頭 3.瞳 4.膝

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/DEU.7.ja1955(口語訳)

広告