日々の御言葉*5月31日

日々の御言葉 5/31
○今日のタイトル:イスラエルの選び
○通読箇所:ローマ9章

◇今日の聖句*****
わたしはキリストに結ばれた者として真実を語り、偽りは言わない。わたしの良心も聖霊によって証ししていることですが、わたしには深い悲しみがあり、わたしの心には絶え間ない痛みがあります。わたし自身、兄弟たち、つまり肉による同胞のためならば、キリストから離され、神から見捨てられた者となってもよいとさえ思っています。

◇ひとくち解説*****
9章から11章まで、パウロは「イスラエルの救い」という大切なテーマについて記します。8章の最後で「神の愛から、…引き離すことはできない」と謳ったパウロでしたが、ここでは、イスラエルのためなら「キリストから離され、神から見捨てられた者となってもよい」と言います。
ここで「見捨てられた者」は「アナテマ」(滅び、呪い、追放)という強い言葉が使われています。パウロがこう言うのは単なる同胞愛からではなく「聖霊によって」(9:1)なのです。
人類への愛のために呪われたものとなり「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」(マタイ27:46)と叫ばれた十字架の御子イエスの姿と、パウロは一つとなったのです。

◇クイズ*****
20-21節では、神は何にたとえられていますか?
1.羊飼い 2.焼き物師 3.種を蒔く人 4.金を精錬する人

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/ROM.9.ja1955(口語訳)

広告