日々の御言葉*5月30日

日々の御言葉 5/30
○今日のタイトル:神の愛
○通読箇所:ローマ8章

◇今日の聖句*****
わたしたちすべてのために、その御子をさえ惜しまず死に渡された方は、御子と一緒にすべてのものをわたしたちに賜らないはずがありましょうか。……だれが、キリストの愛からわたしたちを引き離すことができましょう。艱難か。苦しみか。迫害か。飢えか。裸か。危険か。剣か。……しかし、これらすべてのことにおいて、わたしたちは、わたしたちを愛してくださる方によって輝かしい勝利を収めています。わたしは確信しています。死も、命も、天使も、支配するものも、現在のものも、未来のものも、力あるものも、高い所にいるものも、低い所にいるものも、他のどんな被造物も、わたしたちの主キリスト・イエスによって示された神の愛から、わたしたちを引き離すことはできないのです。

◇ひとくち解説*****
7章では、わたしたちを悩ませる罪について記されていましたが、8章では一転、勝利の賛歌へと変わっていきます。「キリストが…内におられる」(8:10)ことが、わたしたちを罪と死との法則から解放し、「御子の姿に似たもの」(8:29)へと変える希望の源です。「御子をさえ惜しまず死に渡された」(8:32)神の愛があるかぎり、この希望を何者も妨げることはできません。
もし、自分の罪深さ、弱さを示され、自分など神から捨てられたのだと、疑いをいだくようなことがあるなら、また、将来について言いしれぬ不安があるなら、いつでもこの章を読み返しましょう。そして、どんな現実を前にしても、「神の愛から、わたしたちを引き離すことはできない!」と愛の内に留まり続けましょう!神は愛なり。

◇クイズ*****
1431年の今日5月30日は、神の声を聞いて祖国のために立ち上がり、多くの人に勇気と希望を与えた一人の女性が、火刑によって亡くなった日です。その女性とは? 1.アン・ベイリー 2.ハンナ・セネシュ 3.ジャンヌ・ダルク 4.デボラ

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/ROM.8.ja1955(口語訳)

広告