日々の御言葉*5月26日

日々の御言葉 5/26
○今日のタイトル:約束
○通読箇所:ローマ4章

◇今日の聖句*****
死者に命を与え、存在していないものを呼び出して存在させる神を、アブラハムは信じ、その御前でわたしたちの父となったのです。彼は希望するすべもなかったときに、なおも望みを抱いて、信じ、「あなたの子孫はこのようになる」と言われていたとおりに、多くの民の父となりました。そのころ彼は、およそ百歳になっていて、既に自分の体が衰えており、そして妻サラの体も子を宿せないと知りながらも、その信仰が弱まりはしませんでした。彼は不信仰に陥って神の約束を疑うようなことはなく、むしろ信仰によって強められ、神を賛美しました。神は約束したことを実現させる力も、お持ちの方だと、確信していたのです。だからまた、それが彼の義と認められたわけです。

◇ひとくち解説*****
3章で「人が義とされるのは…信仰による」(3:28)と結論づけたパウロは、その実例としてアブラハムを挙げます。アブラハムは「希望するすべもなかったときに」望みをいだいて信じ、そのことによって義と認められました。
すべてが順調に進んでいるときに「信じます」と言うことは簡単です。けれども本当に信仰が必要とされるのは、希望のかけらも見いだせない暗闇の中にあるときなのです。そのような時、「神は愛であって、わたしに対してすばらしい約束の計画を持っておられる」と信じることのできる人は幸いです。それは、単なる楽観主義とも、やせ我慢とも違います。内におられるキリストが「与えて下さる」恵みなのです。

◇クイズ*****
この章で、アブラハムと共に「行いによらずに神から義と認められた人」としてあげられている人物は?
1.モーセ 2.ダビデ 3.サムエル 4.エリヤ

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/ROM.4.ja1955(口語訳)

広告