日々の御言葉*5月25日

日々の御言葉 5/25
○今日のタイトル:信仰による義
○通読箇所:ローマ3章

◇今日の聖句*****
ところが今や、律法とは関係なく、しかも律法と預言者によって立証されて、神の義が示されました。すなわち、イエス・キリストを信じることにより、信じる者すべてに与えられる神の義です。そこには何の差別もありません。人は皆、罪を犯して神の栄光を受けられなくなっていますが、ただキリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされるのです。

◇ひとくち解説*****
1章の後半から「罪」について書いてきたパウロは「正しい者はいない。一人もいない。」と、断言します。すべての人が「救い」を必要としていると訴えます。
しかし21節から、その有罪判決は、逆転無罪判決へとくつがえります。「人類の必要」がイエス・キリストによって完全に満たされたのです。「キリスト・イエスによる贖いの業を通して、神の恵みにより無償で義とされ」る救いの道が開かれました。神の栄光を受けられなくなっていたわたしたちを、神の似姿にまで回復するために、十字架の上でどれほどの代価が支払われたか考えましょう。
この恵みを受け取るためにわたしたちがすべきことは「イエス・キリストを信じること」だけです。「信じる」ということは、ただ「理解する」ということはありません。全面的に信頼して委ね、一つとなることです。今日、主が与えて下さった恵みを、信仰によって受け取ることができますように。

◇クイズ*****
「罪を償う供え物」(25節)と訳されている言葉は、神殿の中の「贖いの座」を示す言葉としても使われていました。「贖いの座」はどこにありましたか?(出エジプト25:17参照) 1.祭壇 2.洗盤 3.契約の箱 4.門

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/ROM.3.ja1955(口語訳)

広告