日々の御言葉*5月18日

日々の御言葉 5/18
○今日のタイトル:フェリクスの前での弁明
○通読箇所:使徒言行録24章

◇今日の聖句*****
パウロは答弁した。「… 確かめていただけば分かることですが、私が礼拝のためエルサレムに上ってから、まだ十二日しかたっていません。神殿でも会堂でも町の中でも、この私がだれかと論争したり、群衆を扇動したりするのを、だれも見た者はおりません。……ここで、はっきり申し上げます。私は、彼らが『分派』と呼んでいるこの道に従って、先祖の神を礼拝し、また、律法に則したことと預言者の書に書いてあることを、ことごとく信じています。……私は、神に対しても人に対しても、責められることのない良心を絶えず保つように努めています。

◇ひとくち解説*****
大祭司アナニアはローマ総督フェリクスの前にパウロを引き出し訴え出ました。(ちょうど、大祭司カイアファが総督ピラトの前にイエスを訴えたように…)パウロは必要以上に正義を主張して対立を招くのではなく、ただ自分の立場を理路整然と弁明しました。その中で、パウロは自分の生き方についてこう言っています。「神に対しても人に対しても、責められることのない良心を絶えず保つように努めています。」
私たちも一日の終わりに「神と人とに誠実であったかどうか」良心に尋ねてみましょう。「良心」というギリシャ語は「共に知る」という意味の言葉ですが、自分の心を神様に「共に知って」いただきましょう。小さな点検は、大きな過ちを防いでくれます。「心は清められて、良心のとがめはなくなり、……信頼しきって、真心から神に近づこうではありませんか。」(ヘブライ10:22)

◇クイズ*****
パウロが総督に訴えられ、その後2年間監禁されたのはどこの町?
1.エルサレム 2.カイサリア 3.ローマ 4.エリコ

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/ACT.24.ja1955(口語訳)

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中