日々の御言葉*5月9日

日々の御言葉 5/9
○今日のタイトル:ミリアムとアロン
○通読箇所:民数記11-12章

◇今日の聖句*****
ミリアムとアロンは、モーセがクシュの女性を妻にしていることで彼を非難し、「モーセはクシュの女を妻にしている」と言った。彼らは更に言った。「主はモーセを通してのみ語られるというのか。我々を通しても語られるのではないか。」主はこれを聞かれた。モーセという人はこの地上のだれにもまさって謙遜であった。主は直ちにモーセとアロンとミリアムに言われた。「あなたたちは三人とも、臨在の幕屋の前に出よ。」彼ら三人はそこに出た。主は雲の柱のうちにあって降り、幕屋の入り口に立ち、「アロン、ミリアム」と呼ばれた。二人が進み出ると、主はこう言われた。「聞け、わたしの言葉を。……口から口へ、わたしは彼と語り合う、あらわに、謎によらずに。主の姿を彼は仰ぎ見る。あなたたちは何故、畏れもせず、わたしの僕モーセを非難するのか。」

◇ひとくち解説*****
モーセの姉兄、ミリアムとアロンは、神がモーセだけに語られるのをねたみました。主が自分を愛しておられることを忘れ、他人と自分とを比較するとき、人は傲慢になったり、卑屈になったりしやすいものです。「地上のだれにもまさって謙遜であった」モーセは、彼らの訴えに、何一つ反論しませんでした。その姿は「ののしられてもののしり返さず」(1ペトロ2:23)、死に至るまで従順(フィリピ2:8)であったキリストの姿を思い起こさせます。
私たちも、モーセのように、主と親しく語り合い、謙遜な人となることができますように。

◇クイズ*****
肉が食べたいとつぶやいた民に、主が与えられたのは何の肉?
1.羊 2.鶏 3.うずら 4.牛

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/NUM.11.ja1955(口語訳)

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中