日々の御言葉*5月7日

日々の御言葉 5/7
○今日のタイトル:レビ人の清め
○通読箇所:民数記9-10章

◇今日の聖句*****
人々は主の山を旅立ち、三日の道のりを進んだ。主の契約の箱はこの三日の道のりを彼らの先頭に進み、彼らの休む場所を探した。彼らが宿営を旅立つとき、昼は主の雲が彼らの上にあった。主の箱が出発するとき、モーセはこう言った。「主よ、立ち上がってください。あなたの敵は散らされ、あなたを憎む者は御前から逃げ去りますように。」その箱がとどまるときには、こう言った。「主よ、帰って来てください、イスラエルの幾千幾万の民のもとに。」

◇ひとくち解説*****
エジプトを脱出してちょうど一年目の過越祭を祝った後、イスラエルの民は40年に及ぶ長い荒野の旅へと出発します。幕屋にはいつも主の御臨在を表わす雲が覆っていました。雲が留まればどんなに長くてもそこに留まり、雲が昇れば、夜でも出発しました。
最初の3日間、「主の契約の箱」が民の先頭を進みました。私たちも、どこへ行くときにもモーセのように「主よ、立ち上がってください」と祈り、主の現存と共に歩みたいものです。

◇クイズ*****
約束の地にむかって旅立つとき、モーセはミディアン人の義兄を旅へと誘います。その義兄とは?
1.アロン 2.ホバブ 3.エトロ 4.ツィポラ

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/NUM.9.ja1955(口語訳)

広告