日々の御言葉*5月1日

日々の御言葉 5/1
○今日のタイトル:主の祝祭日
○通読箇所:レビ記23-24章

◇今日の聖句*****
主はモーセに仰せになった。イスラエルの人々に命じて、オリーブを砕いて取った純粋の油をともし火に用いるために持って来させ、常夜灯にともさせ、臨在の幕屋にある掟の箱を隔てる垂れ幕の手前に備え付けさせなさい。アロンは主の御前に、夕暮れから朝まで絶やすことなく火をともしておく。これは代々にわたってあなたたちの守るべき不変の定めである。アロンは主の御前に絶やすことなく火をともすために、純金の燭台の上にともし火皿を備え付ける。

◇ひとくち解説*****
23章では、三大祭について記されています。過越祭(23:5-)、七週祭(ペンテコステ23:15-)、仮庵祭(23:34-)です。
24章では、祭司の日々の務めについて記されています。聖所には窓はありませんでしたので、昼でも暗く、昼も夜も常夜灯を灯しておく必要がありました。純金の燭台に絶やすことなく火を灯しておくことは祭司の務めだったのです。主イエスは「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」(ヨハネ8:12)と言われ、また「あなたがたは世の光である。……あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。」(マタイ5:14)と言われました。聖霊の油に絶えず満たされ、祈りの火を消すことなく、日々キリストの栄光を人々の前に輝かせる存在となることが出来ますように。

◇クイズ*****
祭司は日々12個のパンを純金の机に供えなければなりませんでした。そのパンはどんな形でしたか?
1.丸型 2.十字型 3.輪型 4.四角

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/LEV.23.ja1955(口語訳)

広告