日々の御言葉*4月30日

日々の御言葉 4/30
○今日のタイトル:パウロ弁明する
○通読箇所:使徒言行録22章

◇今日の聖句*****
「ダマスコにはアナニアという人がいました。律法に従って生活する信仰深い人で、そこに住んでいるすべてのユダヤ人の中で評判の良い人でした。この人がわたしのところに来て、そばに立ってこう言いました。『兄弟サウル、元どおり見えるようになりなさい。』するとそのとき、わたしはその人が見えるようになったのです。アナニアは言いました。『…… 今、何をためらっているのです。立ち上がりなさい。その方の名を唱え、洗礼を受けて罪を洗い清めなさい。』」

◇ひとくち解説*****
エルサレムでパウロは捕えられました。「ギリシャ人を神殿に入れた」という誤解とデマによるものでした。パウロは弁明する機会を得ましたが、そのことに対しては、一言も自己弁護しませんでした。彼が語ったのは、「復活されたキリストとの出会い」についてでした。パウロにとっては、「月足らずで生まれたような」(1コリント15:8)自分にも出会って下さったキリストこそ、「神の恵みの福音」(使徒20:24)であり、「最も大切なこと」(1コリント15:3)として命を賭けるべき弁明だったのです。 わたしたちも、機会を逃さず福音を証することができますように。

◇クイズ*****
前の章で、パウロの捕縛について預言した人は?
1.アガボ 2.ユスト 3.ムナソン 4.トロフィモ

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/ACT.22.ja1955(口語訳)

広告