日々の御言葉*4月20日

日々の御言葉 4/20
○今日のタイトル:牢からの救出
○通読箇所:使徒言行録12章

◇今日の聖句*****
ペトロは牢に入れられていた。教会では彼のために熱心な祈りが神にささげられていた。ヘロデがペトロを引き出そうとしていた日の前夜、ペトロは二本の鎖でつながれ、二人の兵士の間で眠っていた。番兵たちは戸口で牢を見張っていた。すると、主の天使がそばに立ち、光が牢の中を照らした。天使はペトロのわき腹をつついて起こし、「急いで起き上がりなさい」と言った。すると、鎖が彼の手から外れ落ちた。天使が、「帯を締め、履物を履きなさい」と言ったので、ペトロはそのとおりにした。また天使は、「上着を着て、ついて来なさい」と言った。ペトロは、マルコと呼ばれていたヨハネの母マリアの家に行った。そこには、大勢の人が集まって祈っていた。門の戸をたたくと、ロデという女中が取り次ぎに出て来た。ペトロの声だと分かると、喜びのあまり門を開けもしないで家に駆け込み、ペトロが門の前に立っていると告げた。…彼らが開けてみると、そこにペトロがいたので非常に驚いた。

◇ひとくち解説*****
リーダー的存在であったペトロの投獄は、教会にとってどれほど大きな危機だったことでしょう。なすすべもない状態の中で、教会の力となったのは「祈り」でした。祈りが神に聴かれ、ペトロが解放されたときの人々の驚きは滑稽に見えます。彼らが驚いたのは、神様が期待していたのと全く違う方法で、祈ったことよりもはるかに大きなことをして下さったからです。
八方ふさがりの中で、「祈り」こそ私たちの力です。神様は思いもしなかった方法をもって、祈りに答えることのできるお方です!

◇クイズ*****
12弟子の一人で、ペトロの投獄の前に殉教した人は?
1.アルファイの子ヤコブ 2.主の兄弟ヤコブ 3.ゼベダイの子ヤコブ 4.イサクの子ヤコブ

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/ACT.12.ja1955(口語訳)

広告