日々の御言葉*3月3日

日々の御言葉 3/3
○今日のタイトル:ファラオとの交渉
○通読箇所:出エジプト5-6章

◇今日の聖句*****
神はモーセに仰せになった。「わたしは主である。わたしは、アブラハム、イサク、ヤコブに全能の神として現れたが、主というわたしの名を知らせなかった。わたしはまた、彼らと契約を立て、彼らが寄留していた寄留地であるカナンの土地を与えると約束した。わたしはまた、エジプト人の奴隷となっているイスラエルの人々のうめき声を聞き、わたしの契約を思い起こした。それゆえ、イスラエルの人々に言いなさい。わたしは主である。わたしはエジプトの重労働の下からあなたたちを導き出し、奴隷の身分から救い出す。腕を伸ばし、大いなる審判によってあなたたちを贖う。そして、わたしはあなたたちをわたしの民とし、わたしはあなたたちの神となる。あなたたちはこうして、わたしがあなたたちの神、主であり、あなたたちをエジプトの重労働の下から導き出すことを知る。……わたしは主である。」

◇ひとくち解説*****
ファラオはモーセの言葉に耳を傾けず、かえってイスラエルの民を一層激しく苦しめました。信仰を失おうとしているモーセと民に対して、主は再び約束を与えられました。その言葉は、まるで重要文書に印を押すように、「わたしは主である」との御名をもってはじまり、御名によって閉じられています。そこにはイスラエルを贖い出す目的がはっきりと語られています。それは「主を知る(主との交わりを回復する)」ことでした。主はわたしたちの信仰を強め、救い出し、ご自身との交わりを回復するために、今日も「我は主なり」と御名を名乗られます。この御名に望みを置きましょう!

◇クイズ*****
6章の系図によると、アロンとモーセの父の名は?
1.ケハト 2.ウジエル 3.アムラム 4.アミナダブ

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/EXO.5.ja1955(口語訳)

広告