日々の御言葉*3月2日

日々の御言葉 3/2
○今日のタイトル:モーセへの召命
○通読箇所:出エジプト3-4章

◇今日の聖句*****
見よ、イスラエルの人々の叫び声が、今、わたしのもとに届いた。また、エジプト人が彼らを圧迫する有様を見た。今、行きなさい。わたしはあなたをファラオのもとに遣わす。わが民イスラエルの人々をエジプトから連れ出すのだ。」モーセは神に言った。「わたしは何者でしょう。どうして、ファラオのもとに行き、しかもイスラエルの人々をエジプトから導き出さねばならないのですか。」神は言われた。「わたしは必ずあなたと共にいる。このことこそ、わたしがあなたを遣わすしるしである。……」モーセは神に尋ねた。「わたしは、今、イスラエルの人々のところへ参ります。……彼らは、『その名は一体何か』と問うにちがいありません。彼らに何と答えるべきでしょうか。」神はモーセに、「わたしはある。わたしはあるという者だ」と言われ、また、「イスラエルの人々にこう言うがよい。『わたしはある』という方がわたしをあなたたちに遣わされたのだと。」

◇ひとくち解説*****
「出エジプト」という輝かしい救いの御業のすべての源は、モーセと神との出会いにあります。主から偉大な使命を託された時、モーセの反応は、「わたしは何者でしょう」でした。40年のミディアンでの生活でモーセは徹底的に自分が無であることを心に刻まれていました。モーセの願いに応じて神はためらいもなくご自分の名を啓示されました。「我は有りて在るものなり」と。ゼロという無の深淵の中でモーセが「ある」と名乗られるお方とであったとき、主が彼の100%となってくださったのです。そして、果たすべき使命に必要な一切をあたえて下さいました。わたしたちも、「わたしはある」といわれる方をすべてとしましょう!

◇クイズ*****
モーセはミディアンからエジプトに帰る時、妻子を何に乗せましたか?
1.馬 2.ろば 3.らくだ 4.車

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/EXO.3.ja1955(口語訳)

広告