日々の御言葉*2月21日

日々の御言葉 2/21
○今日のタイトル:エルサレム入城
○通読箇所:マタイ21章

◇今日の聖句*****
……イエスは二人の弟子を使いに出そうとして、言われた。「向こうの村へ行きなさい。するとすぐ、ろばがつないであり、一緒に子ろばのいるのが見つかる。それをほどいて、わたしのところに引いて来なさい。もし、だれかが何か言ったら、『主がお入り用なのです』と言いなさい。すぐ渡してくれる。」それは、預言者を通して言われていたことが実現するためであった。「シオンの娘に告げよ。『見よ、お前の王がお前のところにおいでになる、柔和な方で、ろばに乗り、荷を負うろばの子、子ろばに乗って。』」弟子たちは行って、イエスが命じられたとおりにし、ろばと子ろばを引いて来て、その上に服をかけると、イエスはそれにお乗りになった。……群衆は、イエスの前を行く者も後に従う者も叫んだ。「ダビデの子にホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように。いと高きところにホサナ。」

◇ひとくち解説*****
イエスは十字架の死を前にしてエルサレムへと進んで行かれます。ゼカリヤの預言通り(ゼカリヤ9:9)子ロバに乗ってエルサレムへと入られました。戦いを連想させる馬ではなく、荷物を運ぶロバに乗り、平和の君として入城されたのです。このとき歓呼の声を挙げてイエスを迎えた同じ群衆が、5日後には「十字架につけよ」と拒絶の声を挙げることになります。聖書の預言によれば、イエスは再びエルサレムにおいでになります。そのときのために主は、子ロバのように柔和で謙遜、忠実なしもべを必要としておられます。「主がお入り用なのです」その主の招きに応えることができますように。

◇クイズ*****
この直後イエスはどこに行かれましたか?
1.神殿 2.市場 3.ラザロの家 4.ゲッセマネ

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/MAT.21.ja1955(口語訳)

広告