日々の御言葉*2月14日

日々の御言葉 2/14
○今日のタイトル:ヤコブの祝福
○通読箇所:創世記48-49章

◇今日の聖句*****
これらはすべて、イスラエルの部族で、その数は十二である。これは彼らの父が語り、祝福した言葉である。父は彼らを、おのおのにふさわしい祝福をもって祝福したのである。

◇ひとくち解説*****
ヤコブは死期が近いのを悟り、息子たちを呼び集めそれぞれにふさわしい祝福を与えました。
ヨセフの二人の息子にも祝福を与えましたが、兄マナセではなく弟エフライムの上に右手を置いて祝福しました。やがてエフライムの子孫からヨシュアが現われ、イスラエルの子孫たちは彼に導かれて約束の地に入ることになります。
また、ベニヤミンの身代わりを申し出たユダ(44章)については、「王笏はユダから離れず」と、彼の子孫から王が出ることが予告されました。その言葉通り、ユダ族からダビデ王家が生まれ、やがて全人類を救うメシアが誕生するのです。 こうしてアブラハムに与えられた約束は、イサク、ヤコブ、そして12部族へ、さらには全世界へと広がっていくのです。

◇クイズ*****
ヤコブから祝福を受けた12人の息子のうち、「放たれた雌鹿」に例えられているのは?
1.シメオン 2.ナフタリ 3.アシェル 4.ベニヤミン

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/GEN.48.ja1955(口語訳)

広告