日々の御言葉*1月6日

日々の御言葉 1/6
○今日のタイトル:祝福と契約
〇通読箇所:創世記8-9章

◇今日の聖句*****
神はノアに仰せになった。「さあ、あなたもあなたの妻も、息子も嫁も、皆一緒に箱舟から出なさい。すべて肉なるもののうちからあなたのもとに来たすべての動物、鳥も家畜も地を這うものも一緒に連れ出し、地に群がり、地上で子を産み、増えるようにしなさい。」そこで、ノアは息子や妻や嫁と共に外へ出た。獣、這うもの、鳥、地に群がるもの、それぞれすべて箱舟から出た。ノアは主のために祭壇を築いた。そしてすべての清い家畜と清い鳥のうちから取り、焼き尽くす献げ物として祭壇の上にささげた。

◇ひとくち解説*****
箱舟から出て、ノアが最初にしたことは何だったでしょう?それは、食料を確保することでも、家を建てることでもありませんでした。「主のために祭壇を築いた」のです。聖書で最初に「祭壇」という言葉が出てくる箇所です。第4章でエノシュの時代に「主の御名を呼び始めた」ことを読みましたが、その流れはノアにおいて「祭壇」という形で受け継がれたのです。そして、「祭壇を築き主の御名を呼ぶ」という行為は、アブラハム→イサク→ヤコブ→モーセへと継承されていきます。祈りの祭壇こそ、彼らの生活の中心でした。神様はそのことを喜ばれ、彼らの生涯を祝福されたのでした。祭壇の上に動物の命を献げたのは、自分の罪は命をもってしかつぐなえないという謙遜と、自分の命を献げて主に仕えることの象徴です。わたしたちも、何よりもまず、神の国と神の義を求めましょう。

◇クイズ*****
9章で神様は虹を契約のしるしとされますが、虹というヘブライ語ケシェットは本来どんな意味?
1.橋 2.弓 3.綱 4.船

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/GEN.8.ja1955(口語訳)

広告