日々の御言葉*1月2日

日々の御言葉 1/2
○今日のタイトル:天地の創造
〇通読箇所:創世記2章

◇今日の聖句*****
主なる神は、土(アダマ)の塵で人(アダム)を形づくり、その鼻に命の息を吹き入れられた。人はこうして生きる者となった。

◇ひとくち解説*****
1章では、天地創造のクライマックスとして「神は御自分にかたどって人を創造された」と人間の創造が記されています。神が人間をご自身の像と似姿に造られたのは、 似た者でなければ、神を理解し、 神と親しく交わることができないためです。神がいかに人間を愛しておられるかを聖書は示しています。
一方、第二章では、人の起源が土の塵に過ぎないことを思い起こさせます。最後に神は人間に命の息、 すなわち神の霊 (聖霊) を吹き入れ、 人間を神と共に生きる者としてくださいました。
この二つの記事を通して、人間は天上的・神的存在である面と、 地上的・肉的存在という面の、両面があることがわかります。 ところが人間は自由意志によって、その片方である神の似姿を失ってしまいました。自分が土の塵から造られた被造物に過ぎないことを自覚し、謙遜となり、神の息吹(聖霊)を吹き入れられるとき、神はわたしたちの内に神の似姿を回復してくださり、人間のあるべき姿へと造りかえて下さるのです。

◇クイズ*****
エデンの園には4つの川が流れていましたが、そのうち流域で金が産出された川はどれ?
1.ピション 2.ギホン 3.チグリス 4.ユーフラテス

<聖書リンク>https://www.bible.com/ja/bible/81/GEN.2.ja1955(口語訳)

広告