日々の御言葉*11月11日

日々の御言葉 11/11
〇今週のテーマ:神との出会い
〇今日のタイトル:神を見る
〇聖句箇所:マタイ5:8-10

◇聖句*****
心の清い人々は、幸いである、その人たちは神を見る。平和を実現する人々は、幸いである、その人たちは神の子と呼ばれる。義のために迫害される人々は、幸いである、天の国はその人たちのものである。

◇ひとくち解説*****
 神を見るとは、どういう意味でしょうか。神は霊ですから、人間の肉眼で神を見ることはできません。この「見る」という言葉の意味は、「人格的に知る」という意味です。神と出会い、神を心に宿すことにおいて、人は、人格的に神を知ることができます。もはや、知識によってではなく、単なる想像でもなく、自分自身の心のうちに確かな神の現存を見るのです。心の清い人は、どうして幸せなのでしょうか。それは、いつも自分の心の内に神の現存を見ることができるからです。
 人間にとって最高の幸せ、それは神を見ることです。そのためには、清い心とならなければなりません。わたしたちは、なにかにではなく、清い心を主に求めましょう。きょうも、わたしたちの心を清める主の十字架を仰ぎ、祈りましょう。「主よ、どうぞ、あなたの御傷より流れ出る御血によって、聖霊によって、わたしを洗い清め、刷新して下さい。わたしの心を、清い心にして下さい。」

◇クイズ*****
1855年の今日11月11日になくなった、キリスト教実存主義の哲学者で「絶望は死に至る病だ」と言ったのは誰?
1.キルケゴール 2.ヘーゲル 3.ブーバー 4.パスカル

☆聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、エレミヤ51-52章です。

広告

投稿者:

聖イエス会福音教会

福音教会牧師室より

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中