日々の御言葉*10月6日

日々の御言葉 10/6
〇今週のテーマ:イスラエルの救い
〇今日のタイトル:その土地に植え付ける
〇聖句箇所:アモス9:13-15

◇聖句*****
見よ、その日が来れば、と主は言われる。耕す者は、刈り入れる者に続き、ぶどうを踏む者は、種蒔く者に続く。山々はぶどうの汁を滴らせ、すべての丘は溶けて流れる。わたしは、わが民イスラエルの繁栄を回復する。彼らは荒された町を建て直して住み、ぶどう畑を作って、ぶどう酒を飲み、園を造って、実りを食べる。わたしは彼らをその土地に植え付ける。わたしが与えた地から、再び彼らが引き抜かれることは決してないと、あなたの神なる主は言われる。

◇ひとくち解説*****
旧約聖書でイスラエルの民は、しばしば主によって植えられたぶどうの木にたとえられています。イザヤもこう預言しています。「時が来れば、ヤコブは根を下ろし、イスラエルは芽を出し、花を咲かせ、地上をその実りで満たす。」(27:6)イスラエルは、祭司の民となり、全世界に祝福の実りをもたらす使命をもっているのです。詩編にもこのような祈りがあります。「万軍の神よ、立ち帰ってください。…このぶどうの木を顧みてください。あなたが右の御手で植えられた株を。わたしたちはあなたを離れません。命を得させ、御名を呼ばせてください。」(80:15ー)
この預言と祈りを実現へと導くために、キリストは言われました。「わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。」(ヨハネ15:5)イスラエル単独では決して実を結ぶことはできません。彼らが主であるキリストとつながることが必要なのです。そのときこそ、地上の氏族はすべて、イスラエルによって祝福に入るのです。(創世記12:3参照)

◇クイズ*****
7章によると、アモスは牧畜と共に農業をも営んでいました。何を栽培していましたか?
1.ぶどう 2.いちじく桑 3.アーモンド 4.小麦

☆聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、イザヤ20-23章です。

広告