日々の御言葉*10月3日

日々の御言葉 10/3
〇今週のテーマ:イスラエルの救い
〇今日のタイトル:大河とその流れ
〇聖句箇所:詩編46:5-7

◇聖句*****
大河とその流れは、神の都に喜びを与える、いと高き神のいます聖所に。神はその中にいまし、都は揺らぐことがない。夜明けとともに、神は助けをお与えになる。すべての民は騒ぎ、国々は揺らぐ。神が御声を出されると、地は溶け去る。

◇ひとくち解説*****
大河(ヘブライ語ナハル=川)とは、何を指しているのでしょうか?直接的には、エルサレムの城壁の外にあるギホンの泉から、城内に水をもたらすために掘り抜いた水路のことを言っているのかも知れません。しかし、ここでは、次の節で「神はその中にいまし」と言い換えられていますので、聖霊の流れ、神の現臨を表わしていると考えられます。それは、イエスが仮庵の祭りの最後の日に大声で約束された「聖霊の川」(ヨハネ7:37参照)のことです。聖霊の傾注こそ、エルサレムに救いをもたらし、喜ばせるのです。
「夜明けと共に、神は助けをお与えになる」…霊的暗黒時代を打ち破って、シオンの義であるキリストが、朝日の輝きのようにイスラエルに救いをもたらされるのです。そのために、今日も黙せず休まず祈り続けましょう!

◇クイズ*****
あさってから仮庵の祭りが始まりますが、そのときある木の枝を取ってきて祝います。何の木の枝?(レビ記23章参照)
1.杉 2.柳 3.オリーブ 4.ぶどう

☆聖書をひらいて聖書通読。今日の箇所は、イザヤ10-12章です。

広告